伐採と剪定の違いを知る!【草刈りをしながら効果的なメンテを】

庭木にもメンテナンスが必要

人間は髪が伸びたら清潔感を保つためにカットします。これは植物も一緒です。成長した雑草は、定期的にメンテナンスを行ないましょう。ただ、メンテナンスにもいろいろな手法があります。ここでは、庭木におけるメンテナンスでも特にオーソドックスな手法を紹介します。

「伐採」と「剪定」

伐採
伐採とは、簡単に言うと木を根本から切断することです。葉や枝ではなく、あくまで木そのものを切断する作業のことを言います。
剪定
剪定とは、木の枝を切断する作業のことです。剪定はしばしば見た目を美しくするための作業だと思われがちですが、実は害虫の繁殖を予防できるという大きな効果も持ち合わせています。
作業員

草刈りや消毒などを依頼できる専門業者は、剪定と伐採、両方手がけてくれます。依頼する際は、作業終了後に「両方依頼したはずなのに片方しかやってくれなかった……」ということにならないよう十分注意しましょう。

植物によってメンテナンス法は異なる

植物の扱いは簡単ではありません。少しでも間違ったやり方をすれば、環境を整えるどころか植物にダメージを与えてしまう恐れもあります。また、育てている植物の種類それぞれに適した育て方をする必要もあります。庭のメンテナンス作業の1つである剪定においても同様のことが言えます。

庭木対策のワンポイントアドバイス

庭木に生えている植物がすくすくと育っていくような清潔な環境を作ってあげたいという方は、庭のエキスパートである植木屋に依頼しましょう。葉や枝の手入れ、害虫駆除、日当たりや風向きを考えた上での植木位置など、あらゆる部分に最善のアドバイスをしてくれます。

TOPボタン