庭の草刈りの重要性~清潔な庭をつくれば安全安心の生活を築ける~

早急に草刈りを施す必要性

雑草はなるべく早く草刈りをする必要があります。周囲に伸び放題になった雑草が見られる住宅は、美観性を著しく損ねてしまうからです。また、草刈りを先延ばしにしてしまうと、雑草による被害は他にもいろいろな部分に及んでくるのです。

草刈りがもたらす被害を教えてください。
草刈りがもたらす被害で最も恐ろしいのは、人体への被害です。大きく分けて2種類に分かれます。一つはアレルギーです。雑草の中には、アレルゲンとなる物質を持つ種類もあります。アレルゲンとは、アレルギーを引き起こす元となる物質です。花粉症の原因となるブタクサという雑草は、まさにその典型例と言えるでしょう。自分や家族だけでなく、近所の方にも被害を与えてしまう恐れがあります。そしてもう一つは喘息です。キノコの胞子や雑草の粒子などは、喘息を引き起こすこともある非常に怖い存在です。これらは風に乗っていろいろな場所に飛んでいくので、アレルギー被害同様、周囲に大きな被害を与える恐れがあります。
その他に被害事例はありますか?
人体への被害に続いて懸念されるのが住環境への被害です。こちらも大きく分けて2つに被害に分かれます。害虫問題と不衛生な環境への変化です。害虫は、文字通り人の体や生活に大きな害をもたらします。実は、雑草は害虫の絶好の餌場であり、また普段体を潜ませる絶好の場所でもあるのです。庭にダニが住み着いてしまうと、自宅はもちろん、庭伝いに近所の家にダニが移動することも考えられます。ダニにもいろいろな種類がありますが、マダニのような重い病気の感染源となる害虫が繁殖する可能性もあります。草刈りをしておけば、ダニの生息や繁殖を防ぐことができます。そして2つめに挙げた不衛生な環境への変化という部分ですが、分かりやすく言うと「嫌な臭い」がその典型例です。嫌な臭いというのは精神衛生上良くありません。これが毎日のようにあると、ストレスもどんどん溜まっていってしまいます。雑草の中には、嫌な臭いを発する種類もあります。庭に、ドクダミのような鼻を付く臭いを発する雑草が繁殖すると、毎日嫌な思いをする羽目になります。それを防ぐためにも、こまめに草刈りをやっておきましょう。

こんなに多い雑草の種類

庭を所有している人の中には、雑草の存在に困っている方が多く見受けられます。綺麗な花を咲かせる種類も少なくありませんが、強力な成長力を有している雑草は庭の手入れに結構な手間を要します。

よく見られる雑草の種類

スズメノカタビラ
スズメノカタビラは春によく見られる雑草です。根は浅いものの広範囲に広がっていくので、完全に除去するのが難しいという特徴を持っています。
カラスノエンドウ
主に公園や空き地、道端などに生えている雑草です。ピンク色の花を咲かせます。大きく育つと150cmの高さに及ぶこともあります。
メヒシバ
雑草の中では、生命力と繁殖力がとても強いタイプと言えます。横に這っていく形でどんどん株を大きくしていきます。夏に生えるタイプの雑草で、時期になると日当たりの良い場所でよく見られるようになります。

清潔な庭を保つために

草むしり

一昔前までは、自分の家の庭の草刈りは自分で行なうものでした。しかし昨今においては、業者に依頼してやってもらうことが主流化しつつあります。専門の業者にお願いすれば、どのような状態の庭もあっという間に手入れをしてくれますし、また作業によって出た草(ゴミ)も全て処分してくれます。依頼料こそ発生するものの、草刈りにおけるあらゆる作業や面倒事を一任できるという大きなメリットが得られます。依頼する側の人間は何の労力も必要としないので、高齢者のいる家庭であっても安心して依頼できます。清潔な庭を維持するには、業者への依頼が一番なのです。

TOPボタン